六十余州 武家屋敷紀行

~毎月第3土曜日更新~

vol.46 【豊後国 杵築藩】佐野邸

f:id:kan-emon1575:20160822121905j:plain

【居住者】佐野博洋(杵築藩藩医

【所在地】大分県杵築市杵築329

【関連サイト】http://www.city.kitsuki.lg.jp/soshiki/24/sanoke.html

 

 杵築を再訪。前回は改修工事で非公開だった佐野邸を見学してきました。天明3年(1783)の建築と推定される主屋は、改修の際に設計が変更されたり、素材が新しくなったりで、旧状通りというわけでもないようですが、親切なスタッフの方に邸内を案内していただき、いろいろ興味深い話も聞くことができました。

 佐野家は代々藩医を務めた家で、シーボルトに師事した佐野博洋は「豊後西洋医学の先達」と評されいますが、明治以降も医院として続いたようで、古い医療器具なども展示されていました。活躍の場を東京に移された現在のご子孫は、胃癌手術の権威者として知られ、そのご子息もまた医学の道に進まれた由。医家としての佐野家の歴史は脈々と受け継がれているようです。

(2016年8月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20160822114812j:plain

 座敷。壁に掛けられた「洞達亭」は三浦梅園が名付けたという佐野家の家号。

 

f:id:kan-emon1575:20160822121236j:plain 縁側から庭を眺める。

 

f:id:kan-emon1575:20160822121510j:plain

天井に掛けられていた駕籠。