六十余州 武家屋敷紀行

~隔月で第3土曜日に更新~

vol.68 【信濃国 高島藩】諏訪家中の武家屋敷

f:id:kan-emon1575:20181007102943j:plain

 【志賀邸】

居住者:志賀初右衛門(勘定奉行/100石)

所在地:長野県諏訪市高島1丁目

https://www.82bunka.or.jp/bunkazai/detail.php?no=5086

 【渡辺邸】

居住者:渡辺斧蔵(大納戸/18俵2人扶持)

所在地:長野県岡谷市長地柴宮3-8-40
http://www.kanko-okaya.jp/enjoy/museum/旧渡辺家住宅/ 

 

 特急あずさに乗って信州の城下町を訪ねてきました。まず上諏訪で下車して、諏訪高島城を見学。その後、本丸土戸門跡のほど近くにある志賀家住宅へ。城下で唯一現存している武家屋敷で、建築は安政2年(1855)。諏訪市有形文化財に指定されています。いささか、廃屋のような感じでしたが、長屋門や式台玄関を構える主屋など、当時の形状は残しているので、整備すれば観光資源としての期待が持てそうな気もします。

 岡谷で一泊して、翌日は渡辺家住宅へ。お城からは5キロほども離れた在郷藩士の屋敷。家格や家禄は志賀家を大きく下回りますが、建物の整備が行き届いていて、こちらの方が見栄えは立派。18世紀中頃の建築と推定され、長野県宝に指定されています。下級武士の家ながら、明治維新後、この家からは、渡辺千秋宮内大臣)、 渡辺国武(大蔵大臣)、渡辺千冬(司法大臣)という3人の大臣を輩出しています。スタッフの方にいろいろ説明をしていただき、さらに近くの郷土学習館にも案内していただき、とても勉強になりました。

 新田次郎さん(上諏訪出身)の小説「諏訪二の丸騒動」を読んで、3万石という小さな高島藩にも、ずいぶん深刻な御家騒動があったものだと思いましたが、諏訪大助のような名門の家筋の家老であっても、失脚すれば命をも落とし、一方では渡辺家のような下級武士であっても、一国の大臣にまで昇り詰める。いつの時代にも、人の人生というのは、いろいろだなと、何か考えさせられたような気がしました。

(2018年10月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20181006160404j:plain

志賀邸の長屋門。かなり傷んでいますが、往時のイメージは想像できます。高島城の資料室に展示されていた「慶応四年高島城下町図」には、この位置に「志賀初右衛門」の名があります。

 

f:id:kan-emon1575:20181006155915j:plain

 長屋門奥の玄関。内部は非公開ですが、6~10畳の部屋が6つほどあるようです。

 

f:id:kan-emon1575:20181006160249j:plain

 主屋全景。右手は台所。左手方向には蔵も残っています。『諏訪史料叢書』所収の分限帳によれば家禄100石。二の丸騒動では千野兵庫派にあった志賀七右衛門家(300石)の分家のようです。

 

f:id:kan-emon1575:20181007114713j:plain

渡辺邸の玄関部分。幕末の当主斧蔵は、岡谷市観光協会のサイトによると、18俵2人扶持の「郡方下役外様御徒士」。『諏訪史料叢書』所収の分限帳には、「大納戸」ともありました。

 

f:id:kan-emon1575:20181007114341j:plain

玄関の内側には、式台を構えています。

 

f:id:kan-emon1575:20181007114042j:plain

 斧蔵は絵心があったようで、座敷に自作の絵が展示されていました。江戸詰の時に習ったのだそうです。

 

f:id:kan-emon1575:20181007114807j:plain

 武家屋敷というよりは、秋の農村を思わせる風景。