六十余州 武家屋敷紀行

~毎月第3土曜日更新~

vol.53 【武蔵国】江戸の大名庭園

f:id:kan-emon1575:20170325193934j:plain

六義園】(大和郡山藩柳沢家下屋敷/特別名勝

  所在地:東京都文京区本駒込6-16-3

  http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index031.html

芝離宮】(紀州藩徳川家下屋敷/国指定名勝)

  所在地:東京都港区海岸1-4-1

  http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index029.html

  

 地下鉄の駅で「六義園しだれ桜ライトアップ」のポスターを目にし、思い立って休日の夜に出かけてみました。大老格として幕政に重きをなした柳沢吉保が、将軍徳川綱吉より拝領の当地に築いた回遊式築山泉水庭園。しだれ桜もさることながら、夜の庭園はなかなか趣があり(上部の写真)、見応えがありました。

 後日、もうひとつの大名庭園へ。小田原藩主大久保家の上屋敷を起源とする芝離宮紀州藩芝屋敷として明治を迎え、宮内庁が買い取って離宮となっていますが、昭和天皇のご成婚を記念して当時の東京市に譲られ、一般に開放されています。近代的なビルを背景に、まさに都会のオアシスといった感じでした。

 余談ながら、NHKで放送していた「幕末グルメ ブシメシ!」 の原作漫画(『勤番グルメ ブシメシ!』)に、芝離宮が出てきました。「明日は待ちに待った御庭見学。さぞや美しいのであろうな」と、嬉しそうに眠りにつく主人公の紀州藩酒井伴四郎。ところが翌日は暴風雨。勤番長屋に戻って、鮪のアラ炊きを肴に同僚と酒を飲みながら、「御庭見学は、ありがた迷惑だった!」と伴四郎。さらに原作である本人の日記(『酒井伴四郎日記』)に、そのくだりが実際に書き留めてられていましたが、なかなか率直な感想です。

 

f:id:kan-emon1575:20170325202112j:plain

六義園のしだれ桜。満開ではありませんでしたが、美しく照らし出されていました。

(以上、2017年3月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20170416142917j:plain

後日、日中に再訪。しだれ桜は葉桜になっていました。

 

f:id:kan-emon1575:20170416153515j:plain

旧芝離宮恩賜庭園。酒井伴四郎の日記には、「甚だしく風雨に濡れながら拝見仕り候」、「今日の芝御庭拝見は有難めいわく、大につらき事にて腹も立ち、やけから酒三合呑み仕廻り、大に酔い伏し候」。残念でしたが、「此の上もなく絶景」との感想も。

 

f:id:kan-emon1575:20170416154025j:plain

「大山」と名付けられた築山から庭園を見下ろす。小田原藩領だった大山にちなんだものではないでしょうか。「根府川山」もありました。

(以上、2017年4月訪問)