六十余州 武家屋敷紀行

~毎月第3土曜日更新~

vol.23 【豊後国 臼杵藩】丸毛邸

f:id:kan-emon1575:20140806120048j:plain

【居住者】丸毛弥市右衛門(臼杵藩町奉行/200石)

文化財指定】臼杵市指定有形文化財

【所在地】大分県臼杵市大字海添字本丁13番地

【関連サイト】http://www.city.usuki.oita.jp/docs/2014021200149/

 

 前回の杵築を後にして日出で一泊後、稲葉氏5万石の城下町、臼杵を訪れました。臼杵駅から散策をはじめると、海添川の川べりのあちこちにカニ。普段は見ない風景が、旅情をそそります。

 安野家や中島家の長屋門を見ながら、気分が盛り上がってきたところで丸毛(まるも)邸へ。門構えを含め屋敷全体が残されていて、やはり存在感があります。ただ、パンフレットには「江戸時代後期の建築様式をとどめる、市内でも数少ない武家屋敷」とあるものの、『臼杵市史』には「建築年代は棟札に記す明治16年(1883)」とあって、実際に「武家屋敷」と言えるのか、やや微妙です。

 とは言え、臼杵藩士だった丸毛家の屋敷であることはたしかであり、武士の時代が終わった後の建築であったとしても、武家屋敷の趣は残されているように感じます。来訪者名簿には、なんと御子孫の方の署名。最近いらっしゃたようです。自分も先祖が暮らした武家屋敷を見ることができたら、感極まるだろうと思いますが、残念ながら叶わぬ夢です。

(2014年8月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20140806120246j:plain

 薬医門の先にある玄関の中は土間になっています。パンフに「倉」と書かれた門脇の建物(最上部写真の左手)は、建物内にある解説の図面では「湯殿棟」。通りに面してお風呂とは、何か落ち着かないのでは。

 

f:id:kan-emon1575:20140806120356j:plain

 土間には来客用の表玄関と家族用の内玄関が並んでいます。消火器や警報器は、景観に配慮していただきたい気も(大事なものですが)。

 

f:id:kan-emon1575:20140806121429j:plain

丸毛家の先祖は明智光秀の家臣斉藤氏の一族。稲葉家とは親戚関係の縁で、臼杵藩士になったそうです。