読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六十余州 武家屋敷紀行

~毎月第3土曜日更新~

vol.19 【近江国 彦根藩】井伊家中の武家屋敷

f:id:kan-emon1575:20140511164531j:plain

【庵原邸】居住者:庵原助右衛門(家老/5,000石)

【鈴木邸】居住者:鈴木権十郎(母衣役/300石)

【脇邸】居住者:脇伊織(家老/2,000石)

【池田邸】居住者:池田太右衛門(馬廻役/180石) 

      http://www.hikoneshi.com/jp/sightseeing/spot/ 

 

 前回の埋木舎から彦根城中堀の南端をひと回りしてみると、彦根藩士の屋敷門をいくつか見ることができます。なかでも彦根城天守を背にした「旧西郷屋敷長屋門」は圧巻(上部写真/彦根市指定文化財)。梁間5m、桁行は44mにもおよび、家老屋敷としての威厳を呈しています。もっとも、平成4年(1992)から行われた解体修理で、寛保2年(1742)に西郷邸の隣家である庵原邸で建てられたものと判明し、明治に入ってから西郷邸跡地に移築されたと考えられているようです。 

  彦根藩士の履歴が書き継がれてきた『侍中由緒帳』が、彦根城博物館により活字版として出版されていますが、その記述で興味深かったのが鈴木家。幕末の当主鈴木権十郎重戚は、小姓として江戸屋敷に勤務していたとき、「過酒のうえ奥方御張紙内までも立入り」という酒の失敗をしてしまい、「重々不埒至極」として御役御免のうえ謹慎処分。その2年後には、弓術の師匠に破門を申込み、勝手に他の師匠に鞍替え。「師弟の礼譲もあいわきまえず不埒」として、藩から「御叱り」を受けています。若気の至りだったのかもしれませんが、公的な記録に残されしまうのは痛いところです。

 そんな彼も、「その後、心入厚く文武出精致し、奇特(=感心)の事につき」として許され、職場復帰。後に重戚の養子となった鈴木権十郎重恭(貫一)は、江戸で洋学修行に励んだらしく、慶応4年(1868)にはアメリカへの留学を希望し、公費で100両が支給されたとの記述がありました。巻末の解説によると、彼は帰国後、自宅を「彦根洋学校」として教育に従事し、後にはフランス公使館代理公使として活躍したとのことです。物語になりそうなエピソードのある御一家ですが、彼らの暮らした屋敷の門を改めて見てみると、なにか時代の息吹が感じられるような、そんな気もしました。

(2014年5月訪問) 

 

 

f:id:kan-emon1575:20140511165616j:plain

鈴木権十郎父子が暮らした屋敷の長屋門彦根市指定文化財)。門に添えられた解説には「禄高350石で蔵奉行であった」という程度の記述ですが、国際人として活躍した鈴木貫一の紹介があってもよいように思います。

 

f:id:kan-emon1575:20140511163454j:plain

脇家の長屋。左端部分は取り壊されたような形跡があって、長屋門の一部分だったようです。内部は2戸分の住居となっているそうですが、2階建てくらいの高さはある大きな建物です。

 

 f:id:kan-emon1575:20140511160333j:plain

先祖は伊賀忍者という池田家の長屋門彦根市指定文化財)。修理工事を経て平成23年(2011)から一般公開されています。