読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六十余州 武家屋敷紀行

~毎月第3土曜日更新~

vol.16 【筑後国 柳川藩】吉田邸(旧戸島邸住宅)

f:id:kan-emon1575:20140201105614j:plain

【居住者】吉田舎人(柳川藩中老/400石)

【所在地】福岡県柳川市鬼童町49-3

文化財指定】福岡県指定有形文化財

【関連サイト】http://www.yanagawa-net.com/midokoro-toshimatei.html

 

 「旧戸島邸住宅」として観光スポットになっているこの武家屋敷は、文政11年(1828)に柳川藩中老の吉田舎人が自身の隠宅として建てたもので、戸島家の所有となったのは明治維新後。後に柳川市に寄贈され、解体修理を経て10年ほど前から一般公開されているそうです。

 吉田家は柳川藩成立当初から立花家に仕える譜代の家臣で、代々中老職や番頭役等の要職に就いています。ご隠居のお住まいなので、建物は比較的こじんまりした印象を受けますが、玄関にある三日月形の採光窓など趣のある造りで、何よりも庭園は国の名勝に指定されるだけあって見事。快適なセカンドライフを過ごせそうです。

 先週の「城下町へ行こう! 」(BS朝日)は柳川特集で、旧藩主立花家の別邸である「御花」を現在の当主の方(女性)が案内されていましたが、なんと立花家が経営する旅館となっていて、宿泊できるのだそうです。次回は一泊して、殿様気分を味わってみたいものです(http://www.ohana.co.jp/)。

(2014年2月訪問) 

 

f:id:kan-emon1575:20140201104957j:plain

庭園を見渡せる客間。欄間も趣向を凝らした感じがします。

 

 f:id:kan-emon1575:20140201105115j:plain

行燈をモチーフした暖色系の照明は、雰囲気として違和感もなく、なかなかよいと思います。 

 

f:id:kan-emon1575:20140201105142j:plain

この隠宅は後に茶室として藩主に献上されています。当時から評判の高いお屋敷だったのではないでしょうか。